2 渡航ニュース {{travelShortAlert}}
(ご使用の言語を選択してください)
Main Content

会員レベル

会員資格の昇格条件

A. 会員資格の昇格条件

会員資格の昇格には、チャイナ エアライン/マンダリン航空が自社運航する国際線定期便で6以上の加重トリップカウントを獲得し、かつ現在の会員資格で連続する12ヵ暦月以内に以下の昇格条件を満たす必要があります。条件を満たした場合、翌月月初に会員資格の昇格が有効になります。
 
会員資格の昇格条件
会員資格
(スカイチーム)

ダイナスティ会員

ゴールド会員
(エリート)

エメラルド会員
(エリートプラス)

パラゴン会員
(エリートプラス)
会員資格2歳以上の方ならどなたでも会員資格を申請できます。12歳未満の会員の方には、すでに会員となっている法定後見人の方のご登録が必要となります。ダイナスティ会員の方は、ゴールド会員の最低条件を満たすと、ゴールド会員に昇格できます。ゴールド会員の方は、エメラルド会員の最低条件を満たすと、エメラルド会員に昇格できます。エメラルド会員の方は、パラゴン会員の最低条件を満たすと、パラゴン会員に昇格できます。
チャイナ エアライン/マンダリン航空の自社運航便での加重トリップカウント-6トリップ6トリップ6トリップ
フライトマイル-30000マイル50000マイル120000マイル
チャイナ エアライン/マンダリン航空のビジネスクラスでのフライト-対象フライト10回対象フライト30回対象フライト50回
加重トリップ-対象フライト20回対象フライト40回対象フライト80回
有効期限マイルの記録、個人データの更新が6年間行われていない場合、会員権は消滅します。2年2年2年
会員資格の更新条件

B. 会員資格の更新条件

会員資格の更新には、チャイナ エアライン/マンダリン航空が自社運航する国際線定期便で6以上の加重トリップカウントを獲得し、かつ次のいずれかの更新条件を満たす必要があります:フライトマイル、チャイナ エアライン/マンダリン航空のビジネスクラスのフライト、直近2年間の会員資格で獲得したトリップカウント。要件を満たした場合、現在の会員資格の有効期限日の翌日から会員資格の更新が有効になります。
 
会員資格の更新条件
会員資格
(スカイチーム)
ダイナスティ会員ゴールド会員
(エリート)
エメラルド会員
(エリートプラス)
パラゴン会員
(エリートプラス)
期間ダイナスティ会員が2年間連続してマイル積算の実績がなかった場合、チャイナ エアラインは各種情報の提供を停止します。2年間の有効期間内に会員資格の更新条件を満たしているゴールド会員。2年間の有効期間内に会員資格の更新条件を満たしているエメラルド会員。2年間の有効期間内に会員資格の更新条件を満たしているパラゴン会員。
チャイナ エアライン/マンダリン航空の自社運航便での加重トリップカウント-6トリップ
6トリップ6トリップ
フライトマイル-40000マイル80000マイル180000マイル
チャイナ エアライン/マンダリン航空のビジネスクラスでのフライト-対象フライト18回対象フライト40回対象フライト60回
加重トリップ-対象フライト36回対象フライト70回対象フライト140回
有効期限マイルの記録、個人データの更新が6年間行われていない場合、会員権は消滅します。2年2年2年
重要な注意事項

重要な注意事項:

  1. 会員資格:
    • 更新条件を満たしていない場合、パラゴン会員は自動的にエメラルド会員に、エメラルド会員は自動的にゴールド会員に、ゴールド会員は自動的にダイナスティ会員に変更されます。カード番号はそのまま保持されます。
    • 会員資格の昇格/更新が決定すると、その翌月に同じ会員番号が記載された新しい会員カードが会員の方に提供されます。予期せぬ事情により新しい会員カードが受け取れない場合は、元のカードの有効期間が1か月延長されます。
    • 1つ上位の会員資格への昇格条件を満たしているかどうかは、現在の会員資格で連続する12ヵ暦月以内に獲得されたマイルとトリップのみによって決まります。会員資格が変わる場合、前の会員資格の時に積算されたすべてのマイルとトリップは除外されます。つまり、ゴールド会員の方がエメラルド会員に昇格する際には、ダイナスティ会員の時に獲得したすべてのマイルとトリップは積算対象外となります。また、エメラルド会員の方がパラゴン会員に昇格する際には、ゴールド会員の時に獲得したすべてのマイルとトリップは積算対象外となります。 
    • 会員の方が1つ上位の会員資格に昇格する際に、チャイナ エアライン/マンダリン航空のビジネスクラスのトリップカウント、マイル、または合計加重トリップが資格基準以上にある場合、余剰分は1年間保存できます。この余剰分は、1つ上位の会員資格へ昇格するにあたり合算することができます。すべてのトリップやマイルは無駄にならず、より早く上位の会員資格に昇格するのに役立ちます。例:ゴールド会員のリンさんは、2018年1月1日から6月30日までの間に、60,000マイルおよび45の加重トリップを獲得しました。この結果、Linさんは2018年7月1日にエメラルド会員に昇格します。リンさんのマイルと加重トリップはエメラルド会員への昇格資格(50,000マイルまたは40の加重トリップ)を超えるので、余剰の10,000マイルと加重トリップ5トリップの両方を1年間保存できます。リンさんがパラゴン会員に昇格するには、2019年7月1日までに、さらに110,000マイルまたは75の加重トリップを獲得するだけでよいのです(パラゴン会員への昇格資格は、120,000マイルまたは80の加重トリップです)。
    • 会員が有効なマイレージ番号を保持しておらず、マイルの記録や会員階層を含む個人データの更新が6年間行われていない場合、お客様に通知することなく、会員権は自動的に消滅します。

  2. フライトマイルと加重トリップ:
    • チャイナ エアライン、マンダリン航空で獲得したマイルまたは加重トリップ、および、スカイチーム加盟航空会社の該当便で獲得したマイルのみが、会員資格の昇格および更新の対象となります。
    • チャイナ エアライン/マンダリン航空における加重トリップの計算方法については、チャイナ エアライン/マンダリン航空のマイルの積算に関する規定をご参照ください。
    • 以下のマイルまたはトリップは、会員資格の昇格または更新にご利用いただけません。
      a. スカイチームに加盟していない航空会社のコードシェア便に搭乗して獲得したフライトマイルおよびトリップ。
      b. 台北 - 高雄線で獲得したフライトマイルおよびトリップ。
      c. 提携会社のプログラムで獲得したマイル。
      d. プロモーション、会員資格の昇格/更新のギフトマイル、および会員のインセンティブマイルから獲得した特典マイル。  
      e. 割引航空券または無料航空券を利用して搭乗したフライト。
    • スカイチーム加盟航空会社の積算対象便のトリップカウント計算方法については、スカイチーム加盟航空会社のマイル加算表をご覧ください。(すべての会員の方は、2017年12月1日以降に出発するスカイチーム加盟航空会社便においてマイルのみのご獲得となり、トリップカウントは加算されなくなります。)

  3. 入会申し込みおよび会員カードの再発行については、「ダイナスティ会員」のページにアクセスしてください。会員カードを印刷することができます。

  4. シニア会員
    対象となるDFP会員:現在65歳以上のパラゴン会員およびエメラルド会員の方。特別アップグレードまたは優待の方は対象外となります。
    • 有効期限:現在の会員資格の有効期間の合計と同じ(特別アップグレードまたは優待なしで、会員の方が前回資格を取得した時からカウントされます)。
    • 会員資格:会員の方は、更新までの有効期間1回につきチャイナ エアラインまたはマンダリン航空が運航するマイル積算対象便を1回以上ご利用いただく必要があります。会員資格は2年ごとに更新され、最長で10年です。
    • 備考:2011年9月9日以降、チャイナ エアラインのDynasty Flyerプログラム会員で65歳以上の方は、チャイナ エアラインおよびマンダリン航空が自社運航する国際線定期便に搭乗する際に、以下の特典を受けることができます。ただし、事前に会員番号を使用して予約する必要があります。
      1.グレードアップ待ちの優先手配
      2.ビジネスクラスカウンターでの優先空港チェックイン
      3.受託手荷物の優先お取り扱い。
> 会員 > 会員および特典 >