(ご使用の言語を選択してください)
Main Content

手荷物に関する規則

エコノミークラス

エコノミークラス

2022年8月1日以前に発券された航空券に適用
2022年8月2日以降に発券された航空券に適用
プレミアムエコノミークラス

プレミアムエコノミークラス

2022年8月1日以前に発券された航空券に適用
2022年8月2日以降に発券された航空券に適用
ビジネスクラス

ビジネスクラス

2022年8月1日以前に発券された航空券に適用
2022年8月2日以降に発券された航空券に適用

ご利用条件

  • 本調整は、チャイナ エアライン(CI)またはマンダリン航空(AE)運航のCI/AE便名でのご予約、または旅程中チャイナ エアライン(CI)またはマンダリン航空(AE)が運航する区間が最も長い航空券に適用されます。
  • 他社が運航する、CIまたはAEの便名の扱いは航空会社によって異なります。特別な運賃種別(航空会社社員割引/学割/船員など)、または追加の受託手荷物許容量が適用されるその他の航空券については、航空券に記載される従来の受託手荷物許容量が適用されます。
  • 受託手荷物にかかる責任は、無料受託手荷物許容量に関する情報に基づきます。
  • 手荷物サイズ情報
    • エコノミー/プレミアムエコノミー/ビジネスクラス:荷物はそれぞれ、3辺の和が62インチ(158cm)を超えないこと。
  • 無料手荷物/ペット/楽器/スポーツ用品などを含む、すべての受託手荷物の重量とサイズが無料手荷物許容量に定められた限度を超えた場合、サイズ/重量超過手荷物料金が適用されます。(サイズ/重量超過手荷物料金をご確認ください。)
パートナー航空会社の規制

パートナー航空会社の規制

チャイナ エアラインは、コードシェア便において最高のサービスを提供するために最善の努力をいたしております。また、パートナー航空会社によって提供されるサービスの質を把握しています。拡張サービス、手荷物、パートナー航空会社によって課せられるその他の料金について疑問をお持ちの場合は、コードシェア便に関する以下の規制を参照してください。

コードシェア航空会社

最重要航空会社(乗り継ぎ手荷物規制が適用される渡航用)

最重要航空会社(MSC)は以下のようになります。

  • IATAエリア間の渡航:2つのIATAエリア間を航行する最初の航空会社
  • IATAサブエリア間の渡航:サブエリア間を航行する最初の航空会社
  • 同じIATAサブエリア内の渡航:国境線を通過する最初の航空会社
IATAエリアサブエリア
北米、中南米、ハワイ米国、カナダ、メキシコ
カリブ海
中米
南米
ヨーロッパ、中東ヨーロッパ
中東
アフリカ
アジア、グアム、南西太平洋日本、韓国
東南アジア
南アジア亜大陸
南西太平洋
コードシェア便に関する規制
> フライト > フライトの準備 > 手荷物 >