2 渡航ニュース {{travelShortAlert}}
(ご使用の言語を選択してください)
Main Content

危険物情報

禁止/制限対象品目

禁止/制限対象品目

お客様、スタッフ、および航空機の安全を確保するために、以下の品目のお持ち込みは厳格に禁止されています。

  • 爆発物、弾薬、花火、および発煙筒
  • リチウム電池や花火などを収納した金庫/ボックス
  • ケロシン、石油ストーブ、石油ファンヒーター
  • ブタン、プロパン、スキューバダイビングシリンダ、ライター燃料、補充ガスなどの圧縮ガス(可燃性、不燃性、または有毒性)
  • さらし粉や過酸化物などの酸化性物質
  • 塗料や接着剤などの引火性液体
  • 安全マッチなどの可燃性固体および発火しやすいもの
  • メースや唐辛子スプレーなど、刺激を与え、人体の機能を阻害するもの
  • ヒ素、シアン化物、殺虫剤などの毒物
  • 放射性物質
  • 水銀(体温計や血圧計に含まれる場合がある)、酸、アルカリ、湿電池などの腐食性物質
  • 上記以外で、磁性、攻撃性、または刺激性のある物質など、航行中に危険を生じる可能性のあるすべての物質
  • ホバーボード、セルフバランススクーター、エレクトリックスクーターを機内持込み手荷物および受託手荷物として持ち込むことは禁止されています。 
  • トラベルキットサイズの充電器、トラベル用充電ケース
リチウム電池に関する制限

機内でのリチウム電池に関する規制

リチウム(リチウムイオンおよびリチウム金属)電池を内蔵したカメラ、携帯電話、ノートパソコンなどの個人用電子機器(PED)を機内に持ち込む場合は、以下の規制に従う必要があります。

電池のワット時定格量(Wh)航空会社の許可が必要か機内持込み手荷物にできるか受託手荷物にできるか1名様あたりの最大個数
100Wh以下/リチウム含有量2g以下 いいえはいはい15
101~160Wh/リチウム含有量2~8gはいはいはい
予備の電池
(モバイルバッテリー含む):
100Wh以下/リチウム含有量2g以下
いいえはいいいえ20
予備の電池101~160Wh/リチウム含有量2~8gはいはいいいえ2
160Whを超える/リチウム含有量8gを超える機内持込み手荷物にはできません。
PEDが15個以上、または予備の電池が20個以上ある場合は、航空会社の許可が必要となります。


リチウム電池を内蔵した電子機器を受託手荷物としてお預けいただく際は、以下の点にご注意ください。

  • 偶発的な作動や損傷を防ぐために、適当な方法で保護してください。布などの緩衝材で包んだり、丈夫なケースに収納したりしてください。
  • 電源を完全にお切りください。スタンバイモード、スリープモード、休止モードは不可です。


以下の品目に含まれるリチウム電池は、国連勧告テスト(Section 38.3 in Part III of the UN Manual of Tests and Criteria)に合格し、航空会社によって許可される必要があります。

  • リチウム電池を内包する車椅子またはその他の電子移動補助具
  • セキュリティ機能付き装置
  • 携帯型電子医療機器


リチウム(リチウムイオン)電池内蔵のスマートバゲージに関する方針:

  1. 取りはずし不可のリチウム電池:
    • ボタン電池など、リチウム含有量が0.3g以下または容量が2.7ワット時以下の電池は、受託手荷物または機内持込み手荷物にできます。
      スマートバゲージを受託手荷物にする場合、飛行中は手荷物に取り付けられた電子機器の電源を切る必要があります。
      スマートバゲージを機内持込み手荷物にする場合、電波を発する電子機器は、機内誌に掲載されている電子機器の使用方針に準拠している必要があります。
    • リチウム含有量が0.3gを超える電池、または容量が2.7ワット時を超える電池は、受託手荷物や機内持込み手荷物にできません。

  2. 取り外し可能なリチウム電池:
    • リチウム電池の容量は、160ワット時以下でなければなりません。
      スマートバゲージを受託手荷物としてお預けいただく場合は、リチウムイオン電池を取り外して機内持込み手荷物として機内へお持ち込みください。手荷物に取り付けられた電子機器は、飛行中は電源を切る必要があります。
      スマートバゲージを機内持ち込み手荷物にする場合、機内持ち込み手荷物に関する制限に従う必要があります。電波を発する電子機器は、機内誌に掲載されている電子機器の使用方針に準拠している必要があります。


リチウム電池(電動車椅子用および携帯機器用)の機内へのお持ち込みに関する中華民国の制限の詳細については、こちらをクリックしてください。

リチウム電池の機内へのお持ち込みに関する中華人民共和国の制限の詳細については、こちらをクリックしてください。

リチウム電池の機内へのお持ち込みに関する米国の制限の詳細については、こちらをクリックしてください。

機内持込み手荷物の制限対象品目

機内持込み手荷物の制限対象品目

安全上の理由につき、これらの品目は機内へお持込いただくことはできません。これらの品目は受託手荷物としてのお預けを推奨しております。

  • 刃物(狩猟用ナイフ、刀、およびポケットナイフを含む)
  • アイスピックやつめ切りなど、現地の法律によって禁止されている、はさみおよびその他の鋭利物/刃物
  • むち、ヌンチャク、警棒、スタンガンなどの武器
  • こん棒、工具、農業機器(斧、ねじ回し、チェーン、くわなど)
  • モデルガン、銃の形をしたものや銃に似せたもの、および手錠
  • 野球/クリケット用バット、ゴルフクラブ、ホッケースティック、ビリヤードキューなどのスポーツ用品
  • 1個につき0.5kg/リットル以下、総重量2.0kg/リットル以下のエアロゾール(ヘアスプレー、香水、アルコールを含む薬)
  • 現地の法律によってセキュリティ上の危険性を含むと見なされるその他のすべてのもの
  • 上記の品目と類似または同様の機能/性質を持つその他のすべてのもの
その他

その他

  • 医療用品のお持ち込みのガイドラインについては、「特別な支援」のページをご確認ください。
  • 機内持込み手荷物または受託手荷物に含めることができる危険物の一覧については、交通部民用航空局のウェブサイトをご確認ください。
  • 電子たばこ(電子パイプ、電子シガー)、加熱式たばこ、電子たばこガス化装置、電子ニコチン用品は、受託手荷物ではなく機内持込み手荷物に含める必要があります。
  • 電子たばこおよび加熱式たばこは、航行中を通して禁止されています。
  • 台湾に入国する場合、電子たばこおよび加熱式たばこの持ち込みは、台湾食品薬物管理署および税関により禁じられています。
  • 中国本土、香港、およびマカオ発着のお客様については、厳格に禁止されている品目としてスタンガン、圧縮スプレーガス、調節可能警棒などがあります。これらの品目は、受託手荷物としても厳格に禁止されています。詳細については、このページをご覧ください。
  • ヨーロッパに関する規定EU発着の旅行の場合、機内持ち込み手荷物について、禁止品目の規定に従う必要があります。詳細については、こちらのページのAttachment 4-Cおよび5-Bをご覧ください。