(ご使用の言語を選択してください
Main Content

電子機器に関する規則

携帯電子機器の使用に関する規則の解説図

現在チャイナ エアラインでは、2015年9月1日時点の民間航空法に従い、機内での幅広い携帯電子機器(PED)の使用を認めています。このポリシーは、チャイナ エアラインの全航空機に適用されます。これらの規則に違反した場合、5年以下の懲役刑に処せられたり、身柄の拘束または15万台湾ドル以下の罰金刑を受けたりする場合があります。

  • 客室のドアが閉じられた後、お客様は機内放送に従い、携帯電話、タブレット型パソコン、ノート型パソコンなどの個人用電子機器を機内モードまたはオフにする必要があります。航空機の離着陸後、乗務員よりお客様へ機内放送を通じ、機器を使用できる場合についてご案内いたします。
  •  電波を発する個人用電子機器の通信機能を無効にできず、機内モードに切り替えられない場合は、航行中を通して機器をお使いいただけません。このような機器には、リモコン装置、無線送信機および受信機、無線でメッセージを送信する電子機器が含まれます。たとえば、電気玩具のリモコンやスマートフォン以外の携帯電話は、航空機の管制、通信、および制御システムを直接妨害する可能性があります。
  •  緊急避難時の妨げにならないよう、離着陸時には、衣服のポケットまたは座席のポケットに収納できない電子機器のご使用は禁止されています。10,000フィート未満の高度での航行時には、衣服のポケットまたは座席のポケットに収納できないノート型パソコンなどの個人用電子機器は、頭上または座席下の収納スペースに収納する必要があります。これらのご使用は禁止されています。
  • 携帯電話の通信機能が無効になっているか、または携帯電話が航空機のシステムを妨害する可能性があるかを乗務員が確認できない場合、お客様は乗務員の指示に従って携帯電話をオフにする必要があります。
  • 機内通信機器(777-300ER Wi-Fiサービス)が開始された場合は、機器を機内モードに切り替えてからのみ、Wi-Fiサービスをご利用いただけます。サービスを利用できる場合に関する注意事項および使用上の規則をご確認ください。その場合は乗務員の指示に従ってください。客室の静寂を保つために、Wi-Fiサービスの音声通信および映像機能は無効になっています。
  • 当社の航空機が外国の領域内を航行している間は、現地の航空規則で要求されている場合、お客様は乗務員の指示に従って個人用電子機器をオフにする必要があります。
  • チャイナ エアラインの航行中、電子たばこは一切許可されません。
  • 電気かみそり用の電源ソケットは化粧室にございます。客室の座席にある電源ソケットおよびUSBポートは、個人用電子機器にお使いいただけます。
  • 予備のバッテリーや外部充電器等は、お預けの荷物にはいれずに、機内持ち込み手荷物としてお持ちいただくようお願いいたします。また、安全上の理由により、飛行中でのご使用もお控えいただくようご協力をお願いいたします。
  • お客様が健康上の理由により電子医療機器(ポータブル呼吸器、人工呼吸器、痰吸引器など)を携帯し、航行中に使用する必要がある場合、機内には充電器がないため、電池をご用意いただく必要があります。これらの機器は、機内持込み手荷物の大きさと重量に関する規則に従わなければならず、お客様は 診断書  または同意書「Release and Indemnity」を提出していただく必要があります。また、ご搭乗の前にチャイナ エアラインの医療専門家による承認をお受けになる必要があります。携帯型電子医療機器を携帯して搭乗する場合の主な事前注意については、このリンクをご確認いただくか、またはチャイナ エアラインの予約センターにお問い合わせください。
> フライト > 機内 >