2 渡航ニュース {{travelShortAlert}}
(ご使用の言語を選択してください)
Main Content

安全ポリシー

icon_shield

安全管理システム(SMS)の推進

チャイナ エアラインでは「安全の最優先、サービスの向上、環境への配慮、革新性の追求」を品質方針と定めており、安全を事業のコアバリューの1つに位置づけています。安全に関する戦略とプロセスを策定し、それらを継続的に改善していくことで、経営資源をバランスよく配分しながらあらゆる業務を遂行するよう取り組んでいます。そして、国内基準と国際基準の両方を満たす最高水準の安全性を確保して航空サービスを提供することを目指しています。

チャイナ エアラインでは2007年から安全管理システム(SMS)を導入しています。業務に伴うリスクの特定と管理を恒常的に行い、リスクを許容範囲内に抑制しています。一方、従業員は一人ひとりが安全に対する責任を担っていることを自覚し、リスク管理を念頭に置きながら日々の業務においてその責任を果たすよう徹底しています。チャイナ エアラインには安全性を重視した優れた企業文化が浸透しており、安全性を確保して業務を行う仕組みがすべての部門で構築されています。チャイナ エアラインの従業員は、安全性を重視する企業姿勢を維持し、株主と社会に対して最大限の価値を生み出し、台湾随一の航空会社としてお客様に愛されるように、一丸となって努力してまいります。