1 渡航ニュース {{travelShortAlert}}
(ご使用の言語を選択してください
Main Content

ペット

ペットに関するポリシー

ペットに関するポリシー

中南米、米国、カナダ領域外のペットに関するポリシー

犬または猫を受託手荷物として輸送される場合は、事前にチャイナ エアラインにお問い合わせください。ペットとそのケージは、無料受託手荷物許容量に含めることはできません。
ペットの輸送には、ペットとケージの合計重量に基き、1.5倍の超過手荷物料金が適用されます。

1つのケージに収容できるペット数
ペットの年齢ペットの重量1つのケージに収容できるペット数
6ヵ月超(成体のペット)14kg超1つのケージに1体
14kg以下1つのケージに同等サイズのペットを2体まで
10週以上、6ヵ月以下(成体前のペット)14kg以下1つのケージに同腹の子犬/子猫を3体まで


中南米、米国、カナダ領域の発着便におけるペットに関するポリシー
犬または猫を受託手荷物として輸送される場合は、事前にチャイナ エアラインにお問い合わせください。ペットとそのケージは、無料受託手荷物許容量に含めることはできません。
ペットを入れるケージが規定の寸法内の場合、またはその重量が32kg(70ポンド)以下の場合、ケージ1個につき超過手荷物2個分の料金が適用されます。それ以外の場合は、超過手荷物3個分の料金が適用されます。
1つのケージに収容できるペット数の制限
ペットの年齢ペットの重量1つのケージに収容できるペット数
6ヵ月超(成体のペット)重量制限なし1つのケージに最大1体まで
9kg超1つのケージに1匹
10週以上、6ヵ月以下(成体前のペット)9 kg以下1つのケージに同等サイズのペットを最大2体まで
受託手荷物としてのペットの輸送について

受託手荷物としてのペットの輸送について

  • ペットをお連れになる前に、当社コールセンターにお問い合わせいただき、輸送規定をご確認ください。また、「Passenger's Declaration for Live Animals (Baggage)(旅客による動物輸送の申告(手荷物))」を2部ダウンロードし、1部をチェックインカウンターでペットをお預けになる際に提出し、もう1部をペットのケージにお付けください。輸送できる動物は、ペットの猫、犬、盲導犬などです。一部の国では特別な規則が定められていて、ペットを貨物として輸送する必要があります。
  • 手荷物としてのペットの輸送は、チャイナ エアラインおよびマンダリン航空による自社運航のフライトでのみご利用いただけるサービスです。
  • 盲導犬、聴導犬、介助犬を除き、ペットは適切なケージに入れて、受託手荷物として貨物室に搭載する必要があります。ペットとそのケージには、超過手荷物料金に基づいて重量または数量に応じた料金が適用されます。貨物室の温度管理の問題から、当社のB738型機およびERJ型機では受託手荷物としてペットをお預かりすることはできません。ペットを受託手荷物として輸送される場合は、受託手荷物のタグにご署名いただく必要があります。
  • 動物の輸出入に関する規則は国/地域によって異なります。旅客は、出発前に関連規定を確認し、ペットの健康証明書と衛生証明書をご提出の上、旅程に含まれる出発地、入国地、および乗り継ぎ地の承諾を予め得ておく必要があります。検疫検査が必要な場合、関連費用はすべてペットの所有者のご負担となります。検疫期間は、目的地の都市の動植物検疫機関によって定められています。ペットに関する以下の書類をご準備ください。
    • 該当する政府機関が発行した有効な輸出入文書。
    • 旅程に含まれるすべての目的地/乗り継ぎ地で必要とされる輸入許可書、健康申告書、ワクチン証明書をご用意ください。
    • 旅程に含まれる目的地または乗り継ぎ地で必要とされるその他書類。
  • 諸手続きにはお時間がかかる場合がありますので、ご出発の2時間前までにお預けになられるペットと共に空港の搭乗手続きカウンターまでお越しください。
  • 往路、復路、またはその両方において犬、猫を連れて台湾で乗り継ぎをする旅客は、「Application Form for Animal Transit(動物乗り継ぎ申請書)」の必要事項をご記入の上、台湾の動植物検疫機関(hc04@mail.hcbaphiq.gov.tw)に送付する必要があります。空輸にあたりましては、事前の許可が必要です。
  • 米国(ハワイ、グアムを含む)に犬を入国させる場合、米国CDC(アメリカ疾病管理予防センター)が告知する最新の規定をご確認ください。詳細については、以下のウェブサイトをご覧ください。
  • 生後10週未満の子犬および子猫は輸送できません。
  • においの強いペットについては、受託手荷物としても機内持込み手荷物としてもお連れいただけません。
  • 妊娠中および出産後のペットには受け入れ制限を設けています
    • 妊娠中のペットは妊娠40日を超えていないことが条件です。
    • 出産後7日以内のペットの空輸は受け付けできないことがあります。
航空機用ペットケージに関する規則

航空機用ペットケージに関する規則

  1. ペットのケージは、IATAの規則に従い、硬質プラスチック製である必要があります。ペットの出入り口は1か所のみとし、ペットが逃げたり、爪が出たりしないものにしてください。
  2. ペットが立ったり横になったり、自然に動ける大きさのケージにしてください。天井に当たることなくペットが立てる高さにしてください。
  3. 航空機用ペットケージのタイプ:
4.ケージの3方向に通気口があること。
5.床が吸収性の高い素材で覆われていること。
6.ケージ扉の4隅がジップタイでしっかりと留められていること。
7.生きた動物であることを示す貨物取扱ラベル(Live Animal Label)が貼られていること。
8.水と餌が十分に入った容器がケージ内に設置されていること。
9.ケージの外部は梱包用の紐で補強いただけます。
10.ペットケージの寸法要件 

  • 採寸定義
    A=ペットの鼻の先から尻尾の付け根までの長さ
    B=地面から肘までのペットの前足の高さ
    C=ペットの肩幅
    D=頭頂部または耳先(いずれか高い方)から地面までの自然の立ち位置でのペットの高さ

  • ペットケージの寸法要件
    ケージの長さ=A+1/2(B)
    ケージの幅=C×2
    ケージの高さ=D
ペット - 1 ペット - 2


11.ペットケージの長さと幅の外形寸法に関するアドバイス
  • 受託手荷物としてお預かりするペットは通常、航空機のばら積み貨物室に搭載して輸送します。そのため、ペットケージの高さと幅の寸法に以下の制限が適用されます。
    ペットケージ外側の高さの上限:70cm
    ペットケージ外側の幅の上限:90cm
特別な規制

特別な規制

犬種の制限 - 闘犬・猛犬(雑種、亜品種を含む)の輸送はお受けできません。
  • アメリカンピットブル
  • アメリカンスタッフォードシャーテリア
  • フィラブラジリロス
  • 土佐犬
  • ピットブルテリア
  • ドゴアルゼンチーノ
  • マスティフ
 
短頭種の犬および猫(雑種、亜品種、および下記の一覧に記載されていないすべての短頭種の犬および猫を含む)の運搬制限
  1. 短頭種犬
    • ボストンテリア
    • ボクサー
    • ブリュッセルグリフォン
    • ブルテリア
    • チャイニーズパグ
    • オランダパグ
    • イングリッシュブルドッグ
    • イングリッシュトイスパニエル
    • フレンチブルドッグ
    • ジャパニーズチン
    • ラサアプソ
    • チン
    • シーズー
    • チベットスパニエル
    • チャウチャウ

  2. 短頭種の猫
    • バーミーズ
    • エキゾチックショートヘア
    • ヒマラヤン
    • ペルシャ猫(チンチラを含む)

  3. 短頭種の犬および猫は、本質的に21℃(70℉)を超える気温に弱く、気道が塞がりやすいため、場合によっては死に至ることもあります。短頭種の犬および猫を受託荷物として輸送するには、次の条件を満たす必要があります。 
    • 輸送時間(乗り継ぎ中の地上での時間を含む合計旅行時間)が6時間を超えていないこと。
    • 6時間の合計輸送時間内に立ち寄る空港が、標準輸送温度制限を準拠した上で受託手荷物として短頭種の犬および猫の輸送を扱う施設であること。それ以外の施設が、受託手荷物として短頭種のペットの輸送を扱うことはできません。
    • 短頭種の犬および猫の輸送が可能な地域および月は以下のとおりです。
      • 可能な地域:台湾、北東アジア、中国(その他の地域では許可されていません)
      • 可能な月:1月、2月、3月、12月

  4. 短頭種の犬および猫を入れるペットケージ要件
    短頭種の犬および猫は周辺温度の影響を受けやすく、高温・高気圧の環境に長時間置かれると、熱中症や呼吸困難などを発症し、死に至ることもあります。短頭種の犬および猫のペットケージについては、次の要件に従っていただく必要があります。     
    • 通常のケージよりもワンサイズ大きなケージをご用意ください。四方すべてにおいて通気性がよいケージをご使用ください。
    • 旅行の数日前からペットをケージに入れ、ケージに慣れさせてください。
    • 輸送中はケージに餌を入れることはできません。水は置いていただけます。
介助犬

介助犬

チャイナ エアラインでは、お体の不自由なお客様が同伴する介助動物を手数料不要で受け入れています。介助動物として認められる動物の種類はこちらでご確認いただけます。
> フライト > フライトの準備 > 手荷物 >