2 渡航ニュース {{travelShortAlert}}
(ご使用の言語を選択してください)
Main Content

学びと成長

キャリア計画

チャイナ エアラインは、およそ100種類の職種に従事する、世界各国の従業員約10,500名のプロフェッショナルチームを誇ります。このチームにより、年間を通し24時間体制で、お客様に総合的なサービスを提供しています。お客様にとって身近な存在であるパイロットや客室乗務員のほかにも、「お電話1本ですべてに対応」の原則に従ってお客様に対応するお客様サービス担当者、品質重視のプロ意識によって使命を果たす修理および整備担当者などが、チャイナ エアラインを支えています。そのほか、目立たない存在ではありますが、信頼性と利便性の高い、お客様を主体とした高品質のサービスを計画、提供するスタッフも重要です。

航空機搭乗員の職務

航空機搭乗員の職種には、パイロットと客室乗務員があります。パイロットのキャリアパスでは、約2年間の予備トレーニングを修了すると、副操縦士として認定されます。さらに約8年間、4,200時間以上の飛行経験を積むことで、機長に昇格します。機長への昇格後、機長として優れた実績を上げ、本人が管理職に関心がある場合、管理責任者の候補として訓練を受けることもあります。訓練や教育に関心がある者に対しては、飛行訓練コースで指導する教官パイロットとなるためのトレーニングが用意されることもあります。客室乗務員のキャリアパスでは、第一線の責任者である主任客室乗務員が目標となります。地上業務に関心がある場合は、地上職員の管理責任者にキャリアアップすることも可能です。

修理および整備職

修理および整備技術者となるには、基礎レベルの修理および整備技術を実践的に習得する必要があります。チャイナ エアラインでは従業員の能力、適性、要望を評価し、包括的な職業能力開発システムを導入しています。キャリアアップの大きな目標となるのは、修理および整備分野での草の根リーダー、専門技術者、品質保証および監査担当者、修理および整備管理者となります。キャリア開発の一環として、修理および整備技術者は社内での職場転換や外部業務(整備施設、監督)を経験する可能性もあり、総合的な実地訓練を積むことで、個人の能力を向上させます。

地上勤務職

地上職員のキャリアは、専門的な航空経験に基づいて形成されます。チャイナ エアラインでは従業員の能力、適性、要望を評価し、包括的な教育および訓練コースを提供するとともに、各部門を順次経験させます。常に、次のレベルの教育および学習課程に挑戦するよう、従業員の成長を促します。地上職員のキャリアでは、管理職が目標となります。たとえば、主任客室乗務員として十分な経験を積んだ後では、地上での管理業務に携わることもできます。

学びと成長

当社は大きなファミリーであり、全従業員が誠実に業務を遂行しています。モチベーションとなっているのは「チャイナ エアラインを最も信頼できる航空会社にする」というサービス目標です。全身全霊をもって業務に取り組むことで、それぞれの分野に貢献しています。

新入社員向けトレーニング

チャイナ エアラインに入社したばかりの方は、「China Airlines and I」(チャイナ エアラインと私)というコースを受講し、チャイナ エアラインについて学ぶことができます。役職や国内/国外の勤務地にかかわらず、当社が持つ情熱を共有し、チャイナ エアラインに誇りを持てるようになるはずです。

オンライン学習

変化の激しい環境の中で当社が持つ競争力を高めるため、チャイナ エアラインではE-ラーニングプログラムを構築しました。これにより、便利なオンライン学習の機会と管理環境が整備され、チャイナ エアラインのトレーニング全体が改善されました。従業員の皆さんは、それぞれのニーズとスケジュールに合わせ、E-ラーニングプラットフォームを通じてオンラインで学習できます。

各職種に合わせたトレーニング

一貫した高品質なサービスを提供するという目標を実現するため、それぞれの職種に合わせて構成されたトレーニングプログラムをご用意しています。たとえば、パイロットや客室乗務員、カスタマーサービス担当者、修理および保守担当者に合わせたトレーニングコースが用意されています。

未来に向けた発展

チャイナ エアラインでは、すべての従業員が未来に向けて同じ意識の下に団結し、それぞれが自身の役職の中で能力を最大限に発揮し、前に進む大きな力を作り出せるように、21世紀に実現すべき9つの戦略的目標を掲げています。

> 採用情報 >