2 渡航ニュース {{travelShortAlert}}
(ご使用の言語を選択してください)
Main Content

チャイナ エアライン 新ナローボディ機を選定

発表日: 2019年 05月 08日

チャイナ エアライン(本社:台湾 桃園市)は、欧州航空機大手エアバスのナローボディ機「A321neo」を導入し、2021年より就航を開始する方針を発表致しました。
 
チャイナ エアラインは、新しいナローボディ機の導入にあたり、経済的有益性、運航上の利点、財務要件、安全性、環境面などを慎重に協議を進めて参りました。関連するすべての航空機の機能を検討の上、最適な航空機としてA321neoを選択しました。
 
2021年からの14機のリース契約と同時に、11機の確定発注、5機の追加発注の交渉も開始しております。
国際航空運送協会(IATA)によりますと、世界の旅行者数は今後20年にわたって継続的な増加が見込まれています。その拡大する需要を満たし、フライトネットワークを拡大する為、現在運航中の機材の見直しを行い、新機材の導入に着手致しました。
この度の新しいナローボディ機の導入は、今後に控える10機の777-300ER及び14機のA350-900導入の重要なマイルストーンとなるでしょう。また、A321neoの導入により、長距離路線と短距離路線の双方に次世代の航空機を導入することができ、運用効率やコスト面での向上など多方面でのメリットを享受できます。
 
キャビンデザインはお客様にご好評を得ているB777-300ERおよびA350-900のデザインを引き継ぎ、お客様に質の高いサービスをご提供致します。快適なご旅行をお楽しみください。(2019/05/08)