1 渡航ニュース {{travelShortAlert}}
(ご使用の言語を選択してください
Main Content

特別なお手伝い

空港でのお手伝い

空港でのお手伝い

チャイナ エアラインの航空機が発着する大部分の空港には、運航情報システム(FIS)が導入されています。搭乗情報や遅延、欠航などについて、チャイナ エアラインの空港職員が館内放送でお客様にお知らせします。お体の不自由なお客様、視覚障害/聴覚障害をお持ちのお客様には、空港内の各窓口で、特別な支援を必要とされることを弊社職員に直接お申し付けいただくようにお勧めいたします。


チャイナ エアラインの利用する大部分の空港では、お体の不自由なお客様のご搭乗およびご降機を支援するため、ボーディングブリッジおよび昇降補助リフト(PAL)が備えられています。支援をご希望のお客様は、到着空港にどのような介助設備があるのかを私たちが把握しておくためにも、出発前にできるだけ早めに弊社職員にお知らせください。


出発前の座席の優先確保

お客様にできるかぎり快適に過ごしていただくため、お体の不自由なお客様には移動しやすい通路側席、または可動式の肘掛けを備えた座席を優先的に確保いたします。


機内座席の配置は、機材によって異なる場合があります。お体の不自由なお客様向けの化粧室については、[キャビンガイド]のページをご覧ください。

機内でのお手伝い

機内でのお手伝い

  1. ERJ機を除くすべての機種で、お体の不自由なお客様が座席と機内化粧室の間をスムーズに移動できるよう、機内用車椅子をご用意いたしております。 
  2. お体の不自由なお客様には、客室乗務員が搭乗時の座席への移動、降機時の座席からの移動、機内持込み手荷物または他の介助器具の収納と取り出し、飛行中の機内化粧室への移動等をお手伝いいたします。

    ただし、客室乗務員はお客様の食事介助、化粧室内での介助、座席での排泄介助、医療行為等を行うことは許可されておりません。このような介助が必要な医学的症状を伴うお客様には、看護師の方のご同行をお勧めいたしております。

車椅子でご利用いただける化粧室

チャイナ エアラインが所有する全での飛行機に、車椅子でご利用いただける化粧室を設置しております。このタイプの化粧室は、呼び出しベルと手すりを備え、床材に滑り止め加工が施されております。一部の機種では、お体の不自由なお客様向けに、幅広(約152cm)の化粧室またはカーテン付きの化粧室をご用意いたしております。機種ごとの詳細な機内座席配置については、[航空機]のページをご覧ください。

機内特別食

宗教や健康上の制限に対応した特別食、ベジタリアンの方のための特別食、赤ちゃんや小さなお子様用の特別食をご用意致しております。ご出発の24時間前までにご希望のお食事を機内特別食リストの中からお選びの上、ご予約ください。または、当社コールセンターまでお電話にてご予約ください。

食物不耐症に対応した特別食および健康上の制限に対応した特別食につきましては、地域のケータリング事情に応じたお食事のご提供となります。

車椅子の予約および受託サービス

空港または機内で車椅子のご利用を希望されるお客様は、ご出発の48時間前までに当社コールセンターまでお電話にてご予約ください。その際、お客様の状況に適したサービスをご提供できるよう、係員より何点かお伺いさせていただく場合がございます。(例:ご自身で歩行が可能かどうか、長距離の歩行が可能かどうか、ご自身で階段の昇降が可能かどうか、など。)

  1. 車椅子を予約されたお客様は、空港ご到着時に搭乗手続きカウンターのスタッフにお申し出の上、車椅子をお受け取りください。搭乗ゲートまで、お客様ご自身の車椅子でお越しいただくことも可能です。 
  2. 電動車椅子をご使用のお客様は、空港でのチェックインの際に電動車椅子をお預けいただく必要がございます。 
  3. ご搭乗時には、汎用車椅子をご利用いただけます。乗り継ぎ空港、到着空港でも同様のサービスをご利用いただけます。電動、手動を問わず、お客様の所有する車椅子に対しては、無料の受託サービスをご利用いただけます。国内空港と国際空港では設備や制限規約が異なるため、目的地空港到着時に駐機場から降機ゲートまでお客様所有の車椅子を運搬することができない場合は、お客様の車椅子を最優先で手荷物受取所までお運びいたします。空港ターミナル到着時にお客様の車椅子をご用意の上、手荷物受取所までお客様をご案内し、お預けいただいた車椅子および手荷物の受け取りをお手伝いいたします。

車椅子用バッテリー

車椅子または移動補助器具のバッテリーは、国連勧告テスト(Section 38.3 in Part III of the UN Manual of Tests and Criteria)に合格している必要があります。車椅子用のリチウムイオンバッテリーには、以下の条件があります。

  • バッテリーが取り外し可能な場合:
  1. バッテリーを取り外して絶縁保護し、バッテリー容器に収納して、機内持込み手荷物としてお持ち込みください。個々のバッテリー容量は300Wh以下とします。
  2. 車椅子は受託手荷物としてお預けいただけます。 
  3. 車椅子用バッテリーに加え、300Wh以下の予備用リチウムイオンバッテリー1つ、または160Wh以下の予備用リチウムイオンバッテリー2つを持込み手荷物としてお持ち込みいただくことができます。
  • 取り外しできないリチウムイオンバッテリーの場合:バッテリーを絶縁保護し、車椅子から接続解除した状態で、受託手荷物としてお預けください。
  • 携帯型医療機器にリチウムイオンバッテリーが内蔵されている場合は、バッテリーの保証書をご持参ください。国によって法規制が異なるため、事前に当社コールセンターへお問い合わせの上、適切な処置についてご確認いただくことをお勧めいたします。米国内でバッテリーを携帯して安全にご旅行するための注意事項については、こちらをご覧ください。

診断手続き

  1. 精神的な障害をお持ちのため、安全に関する指示を理解できない、または適切に対応できないお客様
  2. 身体的な障害をお持ちのため、緊急時に自力で避難できないお客様
  3. 重度の視覚障害または聴覚障害のため、客室乗務員と意思の疎通を図ることができないお客様
  4. 安全にご旅行いただける能力に影響する病歴や手術歴、または妊娠を含む健康上の制限を持つお客様
  5. フライト中、担架、車椅子、酸素補充、携帯型電子医療機器などの特殊な支援を必要とされるお客様
  6. 上記のお客様は、申請書及び必要書類一式(「同意書」「メディカル・クリアランス(お客様の健康状態の確認)フォーム」および「診断書」(いずれも往路便または復路便の出発日を含め7日以内に作成されたもの))をご提出き、出発日の2営業日前(台湾の営業日を適用、土日祝日を除く)までにチャイナ エアラインの医療班から承認を受けていだく必要がございます。また、お申込日から2週間以内に手術や治療を受けたお客様や入院されたお客様は、「Medical Summary」またはカルテもご提出いただく必要があります。

視覚障害のあるお客様向けのサービス

  1. 離陸前にすべてのお客様に以下のことをご確認いただいております。
    • 禁煙
    • 電子機器の使用制限
    • シートベルトのご使用方法について
    • 非常口の位置
    • 緊急浮遊装置の場所および使用方法
    • 酸素マスクの場所および使用方法
    • 個人または集団で使用する緊急設備

  2. 客室乗務員がお客様の状況に応じた必要事項をご説明いたします。ご説明内容:
    • シートベルトの位置および使用方法
    • 酸素マスクの位置および使用方法
    • 救命胴衣の位置および使用方法
    • 最寄りの非常口2か所および座席から非常口までの座席の列数(前後)
    • 緊急避難が必要となった際には、該当エリアの責任者の客室乗務員が出す指示に従い、非常口へ進む必要がある旨のご説明
    • 緊急避難が必要となった際には、すべてのお客様がすみやかに避難する必要がある旨のご説明自力で避難できないお客様については、客室乗務員または非常口座席にお座りのお客様が補助いたします。視覚障害のあるお客様については、デモンストレーション用の酸素マスクおよび救命胴衣を使用してご説明いたします。また、お客様の座席から非常口まで実際に歩いてご案内する場合もございます。視覚障害者用の安全のしおりをお渡しいたします。

  3. 視覚障害のあるお客様の誘導について:

    客室乗務員は、お客様の補助またはサービスを提供する前に口頭でご説明いたします。
    お客様との効果的なコミュニケーションが義務付けられています。
    • 客室乗務員はお客様の前方に立ち、お客様の手の甲を軽く叩いて客室乗務員の腕を持つよう促します。
    • 前方にある障害物をお知らせします。
    • お客様をお座席に誘導する際は、座席のアームレストまたは座席の背もたれにお客様の手を置き、ご自身で容易に着席できるようお手伝いいたします。
    • お客様が着席しシートベルトを装着できるようお手伝いいたします。また、座席周りの設備およびお客様の前方の様子、最寄りの化粧室についてご説明いたします。

    フライト中
    フライト中、キャビンマネージャーおよび客室乗務員は、適切なサービス、補助、サポートをいたします。
    • お体の不自由なお客様が座席へ移動または座席から移動される場合は、お客様ご本人、ご同伴の成人のお客様または医療関係者の方のお手伝いをいたします。
    • お食事の前に、食事の提供時間およびその他の特別なご要望の有無について、ご同伴の成人のお客様または医療関係者の方に確認いたします。
    • 機内用車椅子や介助器具を使用して、化粧室へ移動する際のお手伝いをいたします。

介助犬

介助犬

チャイナ エアラインでは、お体の不自由なお客様が同伴する介助動物を手数料不要で受け入れています。ただし、受け入れ可能な介助動物は犬に限られますのでご了承ください。出国や帰国に際して介助犬を連れて台湾で乗り継ぎをする旅客は、「Application Form for Animal Transit(動物乗り継ぎ申請書)」に必要事項を記入して、台湾の動植物検疫機関(hc04@mail.hcbaphiq.gov.tw)に送付する必要があります。許可を得なければ空輸は認められません。盲導犬フライト中は紐でつなぎ、常に飼い主の足元で待機させてください。輸出入許可証、獣医師からの診断書、上記の動物が介助動物であることを示す文書または介助犬証明書は、旅客の責任において入手してください。諸手続きにお時間がかかる場合があるため、離陸の48時間前までにチャイナ エアラインにご連絡ください。
 
感情支援動物(犬):米国運輸省規則(14 CFR Part 382)に基づき、チャイナ エアラインでは、グアムを含む米国発着フライトにおいて感情支援動物の機内同伴に関する申請を出発の48時間前まで受け付けます。その種の介助動物をお連れの場合は、以下の確認文書をご提出ください。
 
  1. 資格を持ったメンタルヘルス専門家が過去1年以内にレターヘッド付き便箋に作成した書簡。
  2. その書簡には、旅客が「Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders IV(DSM:精神疾患の分類と診断の手引第4版)」で認められる精神的または心理的な障害を負っている旨の記載が必要です。
  3. その書簡には、旅客がフライト中に介助犬の同伴を要する旨の記載が必要です。
  4. メンタルヘルス専門家の免許の日付、種類、管轄。
 
安全規制に従い、動物は飼い主の足元に座らせておく必要があります。機内の通路を妨げないようにご注意ください。また、非常口の座席はご利用いただけません。
 
旅程に記載のすべての国/地域(乗り継ぎ地を含む)の衛生証明書をご準備ください。
 

> フライト > フライトの準備 > 特別なお手伝い