1 渡航ニュース {{travelShortAlert}}
(ご使用の言語を選択してください
Main Content

セキュリティーポリシー

icon_shield

総合航空管理システム(iAMS)の促進

チャイナ エアラインの品質方針は、「安全第一、お客様優先、チームワーク、高品質の追求」です。あらゆる作業で安全性を第一に考えます。フライト、地上業務、客室業務、保安業務、空輸、地上サービスを行ううえで、関連する各業務部門は、業務の安全性を確保するために不可欠な仕組みを備えています。また各業務担当者は、自分の安全責任を理解して遂行します。各従業員があらゆる場面で安全性を確保することで、チャイナ エアラインは安全を重視する健全な文化を根付かせ、成功へと向かう信頼できる航空会社になります。このビジョンを達成するために、チャイナ エアラインでは国際航空運送協会(IATA)の最新の安全管理コンセプトを採用し、総合航空管理システム(Integrated Aviation Management System、iAMS)を組み込むと同時に、安全、品質保証、リスク管理、保安の各システムに、システム化されたリスク管理の精神を取り入れています。こうした取り組みは、飛行作業、修理、機体の保守品質管理、航空業務、窓口管理、地上サービス、旅客輸送、空輸、人材、管理サービス、財務といった各部門を対象としています。安全を重視する素晴らしい文化を確立するために、iAMSを促進する中で、すべての関連部門の管理者と従業員は安全責任を理解して遂行します。また日常作業に対する責任をリスク管理モードとテキストでの出力ファイルで実施し、日常作業において安全性を第一に考えます。チャイナ エアラインの全社員は、チャイナ エアラインの安全性を重視する姿勢を維持し、株主と社会に対して最大限の価値を生み出すために一層努力いたします。

> フライト > フライトの準備 > 旅行者向け情報 >